釣った魚めし

釣った魚の簡単レシピ

アカハタの熟成お刺身と炙り刺しの作り方レシピ

f:id:kawabatamasami:20210712204330j:plain

アカハタを3日寝かせて、お刺身と炙り刺しにしたところ美味しかったのでレシピにしました。

 

材料

  • アカハタ
  • キッチンペーパー
  • ビニール袋
  • バーナー

 

作り方

まずはアカハタの腹ワタと血合いを、綺麗に取り出します。

血合いが残っていると腐ってしまう原因になるので、お腹のなかは綺麗に洗いながします。

f:id:kawabatamasami:20210712204059p:plain

腹ワタと血合いを処理したアカハタの水気をよくとり、キッチンペーパーで全体を包んでいきます。

f:id:kawabatamasami:20210712204109p:plain

アカハタをキッチンペーパーで包んだら、ビニール袋に入れて空気を抜いて弱真空にします。

そのまま冷蔵庫にいれて、3日寝かせます。

3日後、アカハタをお刺身にします。

f:id:kawabatamasami:20210712204113p:plain

3枚におろして、半身をお刺身に。もう半身を炙りにしました。

f:id:kawabatamasami:20210712204120p:plain

炙りは皮目がこんがり焼けたらOKです。

f:id:kawabatamasami:20210712204124p:plain

あとは盛り付けて完成。

お刺身は独特の歯応えを残しつつ、甘くてねっとりとした味わいで日本酒に合います。

炙りは香ばしいですが、歯応えあるので薄くスライスしたほうが良いですね。

 

ワンポイント

アカハタは釣った当日よりも、やはり数日寝かせた方が断然おいしくなります。

しっかり処理をして数日寝かせることで、美味しいお刺身と炙り刺しに仕上がりました。 

 

あとがき

ちょっと肉厚なスライスで作ってしまったので、もう少し薄くスライスしたほうが美味しかっただろうなーと思います。

アカハタは薄造りのほうが美味しいです。